産経WEST

【衝撃事件の核心】「ババア絶対に許さん!」地域で暴言わめき散らし御用…半ズボン男、町内会委員が〝迷惑おじさん〟に豹変したきっかけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「ババア絶対に許さん!」地域で暴言わめき散らし御用…半ズボン男、町内会委員が〝迷惑おじさん〟に豹変したきっかけ

閑静な住宅街で住民たちに「クソババア!」などと暴言を吐き続け、傍若無人の限りを尽くしていた男。住民側の録音が決め手となって逮捕されたが、かつて寡黙だったという男が〝迷惑おじさん〟に豹変した理由とは… 閑静な住宅街で住民たちに「クソババア!」などと暴言を吐き続け、傍若無人の限りを尽くしていた男。住民側の録音が決め手となって逮捕されたが、かつて寡黙だったという男が〝迷惑おじさん〟に豹変した理由とは…

 別の女性(70)は男が「ババア」「許さん」などと暴言を吐いていたのを聞いたことがある。「午前5時ごろに大声で目が覚めたことがある。早朝も深夜も関係なく叫んでいた。一体いつ寝ているのか」と首をかしげた。また、「男の家のすぐ近くに住む人たちに向かって暴言を吐いていた」と証言するのは住民男性(73)だ。

決め手はICレコーダー録音

 住民の通報で、パトカーが毎日のように出動した。しかし、ターゲットとなったが最後、駆けつけた警察官に注意され、そのときは引き下がったりしても、男の暴言は止むことはなかった。それどころか、自宅アパート2階の廊下から「警察なんべんも呼んで許さへん!」と叫んでいたこともあったという。

 別の住民によると、男と同じアパートの2階に住む住民は耐えきれなくなり、みんな引っ越したとされる。

 28年9月以降だけでも、住民からの通報を受けた府警山科署員が計104回も出動し、10月には対策を求める住民181人分の嘆願書が同署に提出された。住民の我慢も限界に達していたのだ。

 そんな男が逮捕されたのは11月24日。逮捕容疑は9月23日から約1カ月間、近くに住むパート女性(69)方の前で「おのれら絶対に許さへんからな。覚えとけ、こら。一生恨んだる」「ババア絶対に許さん」などと繰り返し大声で暴言を吐いたとされるものだ。

 決め手は、被害女性が男の犯行を14回にわたり録音していたこと。男は逮捕時、「住民が110番や録音をしたから大声を出しただけ」と供述し、容疑を一部否認していたが、その後、京都地検は同罪で男を起訴した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング