PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「入院」まで1年待ち!?“ぬいぐるみ病院”-「手術」「入浴」手厚いケア、順番回ってきて号泣する人も

 「子供の頃からずっと一緒」「大切な人からもらった」など思い入れのあるぬいぐるみは、まさに「家族」そのもの。しかし、時間の経過とともに、黒ずんで、破けて、ボロボロになって…。クリーニング店へお願いするのもいいが、「なんとなく不安…」と思っている人も多い。そこで、ぬいぐるみを“モノ”としてではなく“患者”として受け入れる「ぬいぐるみ病院」が登場。入院申し込みが殺到しており、現在1年待ちの状態だという。(杉山みどり)

おなかの綿の入れ変え 欠損した尻尾の再生も!?

 大阪府豊中市にある「ぬいぐるみ健康法人もふもふ会 ぬいぐるみ病院」を訪れた。通りに面した大きな窓からは、たくさんのぬいぐるみが通る人を眺めている。病院の待合スペースには治療を終え、“元気になった患者”らが椅子に並んでいた。まるで、帰宅を心待ちにしているようだ。

 入院から退院までは、同病院のホームページの、(1)「申し込みページ」に患者の種類・サイズ・おおまかな症状など、必要事項を記入(2)順番がきたら、問診票と専用の予約ページがメールで案内され、入院日を予約(3)入院(入院期間は基本的に8~20日だが、症状により長期になる場合も)(4)無事治療を終え退院へ-という流れになっている。

 スタンダードな入院費用は8千円から(ぬいぐるみのサイズによって異なる)。おなかの古い綿の入れ替えや、皮膚をきれいに優しく洗うという内容だ。ふかふかのベッドで寝て、“ドクター”の診察や“ナース”の看病など手厚いケアが受けられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ