産経WEST

元阪急のスペンサー氏死去 くせ盗みを持ち込んだ元大リーガー、漫画では星飛雄馬と対戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元阪急のスペンサー氏死去 くせ盗みを持ち込んだ元大リーガー、漫画では星飛雄馬と対戦

強打の二塁手として阪急で活躍したスペンサー 強打の二塁手として阪急で活躍したスペンサー

 プロ野球の阪急(現オリックス)で主砲として活躍したダリル・スペンサー氏が2日に88歳で死去したと米カンザス州ウィチタのメディアが報じた。

 スペンサーは米大リーグのジャイアンツ、カージナルスなどで活躍した後、1964年に阪急入団。右打ちの強打の二塁手としてチームの中心選手となり、64、65年にベストナインに選ばれた。日本シリーズ9連覇を果たした巨人が最もマークした選手といわれる。人気アニメ「巨人の星」では大リーグボール1号を擁する星飛雄馬と対戦するストーリーがある。

 サイクル安打を達成した65年は打撃好調で、南海の野村克也と激しい打撃タイトル争いを繰り広げたが、四球攻めや自身の交通事故もあり、野村の三冠王を許した。投手のクセを盗むテクニックを日本に持ち込んだ選手とされている。

 実働7シーズンの日本プロ野球での通算成績は731試合、615安打、152本塁打、打率2割7分5厘。

このニュースの写真

  • 元阪急のスペンサー氏死去 くせ盗みを持ち込んだ元大リーガー、漫画では星飛雄馬と対戦

関連トピックス

「産経WEST」のランキング