産経WEST

【九段線入り地球儀】卸売会社に直撃取材するも「干渉受けてない」中国政府の〝圧力〟否定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九段線入り地球儀】
卸売会社に直撃取材するも「干渉受けてない」中国政府の〝圧力〟否定

「九段線」が表記されたまま市販されていた地球儀 「九段線」が表記されたまま市販されていた地球儀

 九段線を記した中国製地球儀を輸入、販売した大阪市内の卸売会社の幹部は昨年12月下旬、産経新聞の取材に応じ、「九段線を表記するよう中国側から干渉を受けたことはない」と述べ、中国政府から同社への「圧力」の存在は否定した。

 同社によると、地球儀は中国・広東省に製造工場を持つ香港のメーカーから輸入し、平成20年秋から国内で販売している。このメーカーは台湾を「台湾島」と表記し、問題化した学研グループの地球儀の製造元と同一。学研グループの地球儀と同様、同社の地球儀には各国の地理や文化などの情報を音声で案内するシステムが組み込まれている。これまでの販売実績は非公表としている。

 幹部は「台湾の表記の問題を解決し学研の商品を引き継ぐ形で国内販売を始めた。監修は外部の大学教授に依頼し、問題ないとの判断で発売に踏み切った」と説明。九段線の表記については「産経新聞の指摘で初めて知った。発売当初から記しており、一般のユーザーから指摘やクレームを受けたことは一度もない」と語った。製造元のメーカーが中国政府の圧力で九段線を記したかどうかについては「分からない」という。

 監修した大学教授は取材に「現段階でコメントは差し控えたい」としている。

「産経WEST」のランキング