産経WEST

【関西の議論】食品サンプルが外国人観光客にバカ受け すし、天ぷら…リアルに再現 もう一つの〝クールジャパン〟

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
食品サンプルが外国人観光客にバカ受け すし、天ぷら…リアルに再現 もう一つの〝クールジャパン〟

「定食」をテーマにした食品サンプルの卒業制作。お好み焼きと焼きそばのセットは大阪らしい 「定食」をテーマにした食品サンプルの卒業制作。お好み焼きと焼きそばのセットは大阪らしい

 たこ焼きに天ぷら、すしにパフェ…。本物そっくりの「食品サンプル」が、日本を訪れる外国人観光客の間でちょっとしたブームになっている。キーホルダーなどのグッズを購入するだけでなく、実際に作る体験を楽しむ人が増加。何が外国人たちを引きつけるのだろう。食品サンプルは“大阪発”のクールジャパンになり得るのか。(木村郁子)

 プロ仕様の鍋や包丁などを扱う店が軒を連ねる道具屋筋。その中で、ひときわ外国人が出入りする店がある。店先には、こってり炙られた大きな骨付き肉の塊が-。と思いきや、これこそが食品サンプル。製造販売する「デザインポケット」の店内では、サクサクの天ぷらや、おいしそうに焼き上がったサンマや小さなキーホルダーまでずらりと並ぶ。

 体験工房は、店から数分歩いたところにある。この日は、米国の観光客ら8人が集まり、約1時間かけて、すしや弁当などを作っていた。「レストランの食品サンプルは、すべて本物にプラスチックコーティングしていると思っていた」と話すのは、米・ペンシルベニア州の会社員、スコット・ガショウさん。マグロとエビのすしに挑戦し、「とても楽しい」と笑顔を浮かべた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 食品サンプルが外国人観光客にバカ受け すし、天ぷら…リアルに再現 もう一つの〝クールジャパン〟

「産経WEST」のランキング