PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本阪神2年目…勝負か若手育成の継続か、旗幟鮮明に!

 勝負か、若手育成の継続か-。金本阪神は2017年の基本姿勢を鮮明にするべきです。金本知憲監督(48)は今年、就任2年目を迎えましたが、球団内外に漂う空気は「今年こそ優勝。金本監督の勝負の年」です。糸井をFA補強、新外国人メンデス、キャンベルを獲得し、阪神本社、球団内に優勝を期待する声が渦巻いているのです。一方で鉄人には優勝を迫るのではなく、就任時に求めた若手育成の継続を願う声も根強いのです。勝ちに行くのなら補強の継続を、育成ならファンに説明を-。球団方針が曖昧だと、そのツケは鉄人を直撃しますね。

■阪神タイガース周辺、みんな「今年こそ金本監督で優勝や!監督の勝負の年や!」

 新年、明けましておめでとうございます。今年もトラ漫遊記は阪神タイガースに関するどんなコラムよりも鋭く、厳しく、核心を突きながら、そして温かく、タイガースを取り巻く状況を愛読者の皆様方にお伝えしようと思っております。どうか2017年も不肖、越後屋とお付き合いくださいませ。

 さて、新年の挨拶(あいさつ)もほどほどに、いきなり本題に踏み込みましょう。初年度1回目の漫遊記は阪神電鉄本社-球団首脳に大上段からモノを申したいと思っています。核心は阪神タイガースとして、今季に向けての姿勢をもっと鮮明にしてほしい…ということですね。その心は勝ちに行くのか、育成の継続なのか。どっちにするのかをハッキリとさせた方がいい!! と指摘したいのです。

 金本監督は今年、監督就任2年目を迎えましたね。初年度の成績は64勝76敗3分、勝率・457で優勝した広島からは24・5ゲーム差の4位でした。Bクラスは4年ぶりで、一度も優勝争いに加われなかった“惨敗”でした。チーム打率・245、本塁打90本、チーム防御率3・38という数字も今ひとつですが、それでも阪神ファンがシーズン終盤まで声を枯らして応援した理由は「自前の若手を起用して育てようという姿勢があった」(阪神OB)からでしょう。

 阪神電鉄本社の坂井信也オーナーも「金本監督の誕生時はファンの支持率100%でしたが、シーズンが終わる頃は60%ぐらいだったでしょうかね。それでも金本監督と若手育成の方針だったから60%も支持率は残ったんじゃあないでしょうかね」と語っていました。

 確かに一軍に起用した選手は60人を超えていましたね。若手抜擢(ばってき)という長期スパンに立った戦略がファンに受け入れられたシーズンだったかもしれません。

 しかし、2016年が終わり、新年を迎えた阪神タイガースの周辺にはどんな空気が漂っているのか。それは「大補強もしたのだから、今年こそ金本監督で優勝や。監督の勝負の年や」という空気なのです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ