産経WEST

【メガプレミアム】顔面火あぶり、監禁、踏みつけ…「邪魔な存在」3歳児を不条理な死に追いやった虐待地獄 救える命救う仕組みを

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
顔面火あぶり、監禁、踏みつけ…「邪魔な存在」3歳児を不条理な死に追いやった虐待地獄 救える命救う仕組みを

3歳男児に対して日常的に激しい暴行を加えていた養父と実母。ときには顔面をライターであぶり、浴槽で後頭部を踏みつけていた。2人は傷害致死など3つの罪で起訴されたが、救える命を救う仕組み作りが求められている 3歳男児に対して日常的に激しい暴行を加えていた養父と実母。ときには顔面をライターであぶり、浴槽で後頭部を踏みつけていた。2人は傷害致死など3つの罪で起訴されたが、救える命を救う仕組み作りが求められている

周囲に「子煩悩」装う

 ただ府警によると、事件直前の6月6日以降、自宅マンション近くの防犯カメラには英智ちゃんの姿は一切写っておらず、自宅で監禁状態だった可能性がある。両被告はこの間、2人の実子である長女(3)と3人で食事に出かけていたこともあった。

 一方で英智ちゃんの死亡後、2人は周囲に対し、自分たちは「ぬれぎぬを着せられた子煩悩な被害者」だと訴えていた。

 逮捕前の今年1月、産経新聞の取材に応じた美香被告は、「保護される度に英智はパパ(渉被告)と距離を感じてしまい、なつくのに時間がかかった。児童相談所に『虐待はなかった』と書面で回答してくれとお願いしたが、聞いてもらえなかった」と、児相への不満をあらわにした。

 さらに、英智ちゃんが買ったばかりの服を着てポーズをとっている写真が掲載された子供服店のブログがあると明かし、「妹(長女)の分も合わせて40着ぐらい買い、8万~9万円かかった。かわいがるつもりがないなら、わざわざ施設から子供を引き取ったりしない」とアピール。渉被告も「血がつながっていないから虐待を疑われるのは偏見だ」と語気を強めた。

児相の仕組み改善を

 事件をめぐっては、保育園から児相に通報が複数回寄せられ、何度も児相職員が英智ちゃんや両親に接触していたことから、児相が「救える命を救えなかった」と批判を浴びた。堺市は「子ども虐待検証部会」を開き、再発防止に向けた検証を始めている。

 2人が英智ちゃんと一緒に暮らしていたのは計2カ月間に過ぎない。府警幹部は「保護されたときにそのまま施設に預けておけば、命は守られたはず。育てる気がないのに、なぜわざわざ自ら英智ちゃんを引き取ったのか」と首をかしげる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング