産経WEST

お湯のはられた浴槽で高齢夫婦が死亡 足が悪く一緒に入浴 病死か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


お湯のはられた浴槽で高齢夫婦が死亡 足が悪く一緒に入浴 病死か

 29日午後11時ごろ、大阪市西淀川区佃の集合住宅で「風呂場の湯船の中で両親が亡くなっている」と、この家に住む次男(58)から119番があった。駆けつけた大阪府警西淀川署員らが、無職の千頭一隆さん(85)と妻の小富士さん(83)の死亡を確認した。

 同署によると、千頭さんは3人暮らし。同日午後9時ごろ次男が帰宅したときには2人は入浴中だった。その後、風呂場から出てこないことを不審に思った次男が、お湯が張られた浴槽に胸までつかった状態で意識を失っている千頭さん夫婦を発見した。

 2人は足が悪く、15年ほど前から一緒に入浴していたという。同署は外傷がないことから病死の可能性もあるとみて死因について調べる。

「産経WEST」のランキング