産経WEST

【関西の議論】読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 京都店」。宿泊スペースは本棚の裏、押し入れ感覚で楽しめる=京都市東山区(前川純一郎撮影) 泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 京都店」。宿泊スペースは本棚の裏、押し入れ感覚で楽しめる=京都市東山区(前川純一郎撮影)

 本を読みながら“寝落ち”する幸せといったらもう…。本好きのそんな夢をかなえてくれる宿泊施設が12月2日、京都・祇園に誕生した。「泊まれる本屋」をコンセプトにした「BOOK AND BED TOKYO」京都店。3千冊以上の本と20床のベッドを備え、本棚の中で寝るようなしつらえだ。1年前に開業した東京店は「珍しい経験ができる」と外国人観光客や女性客らに人気で、なかなか予約が取れないほど。運営会社は「京都随一の名所で、気に入った本を読みながら眠りに落ちるという幸せな時間を提供したい」という。(木ノ下めぐみ)

駅近、雑居ビル、看板もなし…の“秘密の空間”

 京都の中心部、京阪電鉄・祇園四条駅から徒歩1分の雑居ビル「カモガワビル」の9階。入り口の扉は固く閉ざされ、店の前には店名がわかるような看板もない。「果たして本当に宿泊施設がこの向こうにあるのか」。少し不安を感じながら扉を開けると、スタッフが笑顔で出迎えてくれた。

 フロアには、天井から無数の本がぶら下がっており、中心部にはベッドを囲うように木製の大きな本棚が据えられている。選書のセンスの良さで知られる人気の書店「恵文社一乗寺店」(京都市左京区)が選んだ小説や漫画、写真集、哲学書、ガイド本など幅広いジャンルの約3300冊がそろう。本の販売や貸し出しはしていないが、滞在中は自由に閲覧が可能だ。蔵書は今後も客層を見ながら増やしていく予定で、最大5千冊まで収容が可能だという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気
  • 読書しながら“寝落ち”の幸せ-本棚の中で眠る「泊まれる本屋」京都・祇園にオープン 活字離れの中、若者に人気

「産経WEST」のランキング