産経WEST

【エンタメよもやま話】王者フジテレビを撃破した「鉛筆&方眼紙」! 弱者の逆転ビジネス戦略「日本テレビの『1秒戦略』」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
王者フジテレビを撃破した「鉛筆&方眼紙」! 弱者の逆転ビジネス戦略「日本テレビの『1秒戦略』」

メディア業界以外のビジネスパーソンにも大いに役立つ『日本テレビの「1秒戦略」』(小学館新書) メディア業界以外のビジネスパーソンにも大いに役立つ『日本テレビの「1秒戦略」』(小学館新書)

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、全ビジネスパーソンにぜひとも読んでいただきたい話題の1冊についてのお話でございます。

 以前の本コラムで何度かちらっと書かせていただきましたが、記者はテレビを殆(ほとん)ど見ません。とりわけ朝のワイドショーには冗談ではなく吐き気をもよおします。

 なので、ずーっとFMを聴いています。地元のα-STATION(エフエム京都、http://fm-kyoto.jp/ )です。ニュース速報もFM、もしくはスマホやパソコンで入手します。

▼記者の愛聴するFM局「α-STATION(エフエム京都)」=外部サイト

 とはいえ「殆ど見ない」と書いたのは、ひとつだけ必ず見てしまうテレビ番組があるからです。「謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ・読売テレビ系)です。

 イモトアヤコさんがキリマンジャロに登ったり、「お祭り男」の宮川大輔さんが世界の奇祭に挑戦してゲロがキラキラになったり、森三中のみなさんやババァ(いとうあさこさん)たちが世界の温泉で女を捨てた笑いを取りに行く「イッテQ温泉同好会」、そして英語が使えない日本人に大いなる勇気を与えてくれる「出川イングリッシュ」のコーナーなどなど、毎回、本当に面白過ぎるのです。

 そして、イッテQといえば日テレの看板番組(毎週日曜後の午後7時58分から放送)なのですが、最近、日テレではイッテQの他にも鉄板の「ザ!鉄腕!DASH!!」や「行列のできる法律事務所」、関ジャニ∞の村上信五さんとマツコ・デラックスさんが司会を務める「月曜から夜ふかし」などなど、人気番組が目白押しなわけですが、かつて、こういうバラエティー番組の王者といえばフジテレビでした。

■ひょうきん族、笑っていいとも!…バブル景気80年代、みんな憧れた“1強”フジテレビ

 長く、イケてないテレビ局だったフジテレビでしたが“楽しくなければテレビじゃない”を旗印に、漫才を社会現象化させた「THE MANZAI」(昭和55年)や「オレたちひょうきん族」(56年)、「笑っていいとも!」(57年)などで大変身。

 昭和57(1982)年にTBSから視聴率三冠王を奪うと、その後も数々のトレンディドラマで女子の心をわしづかみにし、平成5(1993)年までの12年間、年間視聴率三冠王の座に君臨し続けましたが、これを打ち破ったのが日テレでした。

 その後、フジテレビは平成16(2004)年から22年までは再び王者に返り咲きますが、日テレは再び23年からフジの牙城を突き崩し、今日に至っています。

 日テレがどうして、当時“無敵”と言われたフジテレビを打倒できたのか?。実はその大逆転劇の裏には、華やかにみえるテレビ局のイメージとは真逆の泥臭く地道なリサーチとデータ分析作業の日々があったのでした…。

 その内幕を初めて明らかにした興味深い1冊が登場しました。「日本テレビの『1秒戦略』」(小学館新書、著者・岩崎達也氏、780円+税 https://www.shogakukan.co.jp/books/09825277)です。

▼フジテレビを撃破「日本テレビの『1秒戦略』」紹介ページ(外部サイト:小学館)

(次ページ)フジテレビを“コピペ”…前代未聞、あの番組にダウンタウン起用

このニュースの写真

  • 王者フジテレビを撃破した「鉛筆&方眼紙」! 弱者の逆転ビジネス戦略「日本テレビの『1秒戦略』」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング