産経WEST

【ビジネスの裏側】部下の出産・子育て・介護どうすれば…悩める管理職「イクボス」の人材育成、走って踊って働き方改革?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
部下の出産・子育て・介護どうすれば…悩める管理職「イクボス」の人材育成、走って踊って働き方改革?

多くの大企業が名を連ねるイクボス企業同盟のホームページ 多くの大企業が名を連ねるイクボス企業同盟のホームページ

昔と比べて、はるかに大変だ

 12月の研修会では経営層から初めて、日本生命保険の岡本圀衞会長とパナソニックの長榮周作会長らがパネルディスカッションに登壇した。

 「昔は家庭を顧みず働いて給与も上がった。多様な部下を率いる今の皆さんの方が、はるかに大変だ」

 管理職をこんな風にねぎらって笑いを起こした岡本氏だが、「人口減少する日本がGDP600兆円を達成するには、女性が産み育てやすい社会にして出生率を上げないといけない」とWLBの必要性を力説。男性職員の育児休業取得率100%を達成した自社の取り組みに触れ、「トップが本気で継続しないといけない」と訴えた。

 長榮氏は松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助の言葉「衆知経営」を紹介し「全員が知恵を出し合うことが大事。上司と部下が話し合うことで、よりよい仕事の進め方や、やらなくて良い仕事の効率化もできる」と指摘した。

 WLB実現へ向け政府が乗り出す「働き方改革」を実効性のあるものとするには「一人ひとりが生き方を変えることが必要」(ファザーリング・ジャパンの安藤哲也代表理事)。難しい取り組みだけに、職場で改革の最前線に立つイクボスたちの模索は続きそうだ。

このニュースの写真

  • 部下の出産・子育て・介護どうすれば…悩める管理職「イクボス」の人材育成、走って踊って働き方改革?

「産経WEST」のランキング