産経WEST

熊本県で10万羽殺処分開始、高病原性鳥インフル検出

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


熊本県で10万羽殺処分開始、高病原性鳥インフル検出

 雨の中、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に向かう熊本県の職員ら=27日午前5時30分すぎ、熊本県南関町  雨の中、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に向かう熊本県の職員ら=27日午前5時30分すぎ、熊本県南関町

 熊本県は27日、南関町の養鶏場で死んだ鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたとして、飼育する約10万7千羽の殺処分に向けた作業に着手した。簡易検査による陽性反応を受け、詳しく調べるための遺伝子検査を進めていた。

 県によると、養鶏農家から26日夕に「約50羽が固まって死んでいる」との届け出が保健所にあった。簡易検査では、死んだ4羽と生きている1羽が陽性だった。県はこの養鶏場から半径3キロ圏にある6農場に、計約14万7千羽の移動自粛を要請。福岡県内を含む半径3~10キロ圏では、19農場に計約96万羽の搬出を控えるよう求めた。

 国内の家禽からは今冬、北海道、青森、新潟、宮崎の4道県で高病原性ウイルスが検出されている。熊本県では2014年4月、多良木町の養鶏場で感染が生じ、約11万2千羽を殺処分した。

このニュースの写真

  • 熊本県で10万羽殺処分開始、高病原性鳥インフル検出

「産経WEST」のランキング