産経WEST

【衝撃事件の核心】「目がイッた」ナイフ凶暴男を食い止めた銃弾 〝凄腕ガンマン〟巡査部長、両足に4発すべて命中 ネットで称賛の声

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「目がイッた」ナイフ凶暴男を食い止めた銃弾 〝凄腕ガンマン〟巡査部長、両足に4発すべて命中 ネットで称賛の声

刃物を持った男が母子を襲撃し、警察官が発砲して食い止めた事件の現場付近を調べる捜査員=11月29日午後10時25分、京都市北区 刃物を持った男が母子を襲撃し、警察官が発砲して食い止めた事件の現場付近を調べる捜査員=11月29日午後10時25分、京都市北区

 「道路を歩いていると発砲音が1発聞こえて、警察官から危ないからと退避させられた。発砲音は全部で3発」(20歳の男子大学生)

 「家で洗い物をしていたら、すごい発砲音が聞こえた。缶をたたくみたいな。3発以上は聞こえた」(45歳の女性会社員)

 実際に巡査部長が撃ったのは、空に向けての威嚇射撃1発を含む5発だった。

相次ぐ通報…無差別に襲撃か

 事件は11月29日午後7時10分ごろ、同区鷹峯旧土居町の路上で発生。男は、同区に住む母親(40)と妹(3)と3人で歩いて帰宅中だった男児(6)に、自宅から持ち出した食事用ナイフ(刃渡り約9センチ)でいきなり襲いかかった。

 男児は頭を3カ所切りつけられて10日間のけが。かばおうとした母親も頭をナイフで刺されて軽傷だった。男と母子らに面識はなかったという。

 通り魔事件は、無差別だった可能性がある。事件直前、男に関連するとみられる110番や通報が相次いでいた。

 午後7時ごろ、現場近くの女性から「男が玄関ドアをたたき、殺すぞと言っている」という110番が入った。

 午後7時10分ごろには、ミニバイクで付近を走行していた男性が停止した際に、近づいてきた男に素手でヘルメットの上から1発殴られたとして110番。同じ頃、通行中の乗用車が歩いてきた男を避けようと路肩に停車したところ、助手席側の後部ドアを男に蹴られ、にらみつけられたと、警察官に申告した。

撃たれても警察官に「殺してやる」

 「子供をナイフで突き刺し、殺そうと思って警察官にナイフを振り回した」

 事件直後に銃刀法違反容疑などで現行犯逮捕され、後に男児らに対する殺人未遂容疑で再逮捕された男は、取り調べにこう供述したとされる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「目がイッた」ナイフ凶暴男を食い止めた銃弾 〝凄腕ガンマン〟巡査部長、両足に4発すべて命中 ネットで称賛の声

「産経WEST」のランキング