産経WEST

【スニーカーエイジ】きょうグランプリ大会、「頑張れっ!」に込めた思い…司会「イッシィさん」を直撃

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スニーカーエイジ】
きょうグランプリ大会、「頑張れっ!」に込めた思い…司会「イッシィさん」を直撃

ステージのメンバーを支える応援団の存在もスニーカーエイジの醍醐味だ ステージのメンバーを支える応援団の存在もスニーカーエイジの醍醐味だ

 高校・中学校の軽音楽系クラブのコンテスト「第37回 We are Sneaker Ages(スニーカーエイジ)」(産経新聞社・三木楽器グループ主催、大阪芸術大学グループ特別協賛)のグランプリ大会が25日、大阪市此花区の府民共済SUPERアリーナで開かれる。出場校の演奏前に、司会のイッシィさん(40)=本名・櫻井裕子さん=が「頑張れっ!」と力強く呼びかけるのが定番になっているが、この言葉に込めた思いなどを直撃した。(格清政典)

 「もう15年もたってしまったんですねえ…。今ではすっかりライフワークになっています」

 初めてスニーカーエイジの司会を務めたのは平成13年。このときのグランプリ大会は万博ホール(吹田市、現在は解体済み)で行われ、男性タレントと2人で進行していた。

 司会を務めることになったのは「たまたまタイミングが合っただけです」と説明する。実は、女性の司会は三木楽器グループの女性社員が担当していたが、前任者の退職が決まっていたために11年入社のイッシィさんに白羽の矢が立ったという。「大学時代に軽音楽はしていましたが、司会経験はまったくありませんでした。あのときは、男性タレントの進行についていくだけでした」と振り返る。

 ところが、同社が全社を挙げた手作りイベントを目指す方針を掲げ、17年から1人で進行を担当することに。グランプリ大会全般の進行だけでなく、次に演奏をするチームの楽器セッティング時間を使って、演奏が終わったチームにインタビューを行っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • きょうグランプリ大会、「頑張れっ!」に込めた思い…司会「イッシィさん」を直撃
  • きょうグランプリ大会、「頑張れっ!」に込めた思い…司会「イッシィさん」を直撃
  • きょうグランプリ大会、「頑張れっ!」に込めた思い…司会「イッシィさん」を直撃
  • きょうグランプリ大会、「頑張れっ!」に込めた思い…司会「イッシィさん」を直撃

「産経WEST」のランキング