産経WEST

【華麗なる宝塚】星組の新トップ・紅ゆずる、ツッコむ芸風なのにツッコまれる役柄 「そろそろ下級生に芸風譲れ」と言われ…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【華麗なる宝塚】
星組の新トップ・紅ゆずる、ツッコむ芸風なのにツッコまれる役柄 「そろそろ下級生に芸風譲れ」と言われ…

インタビューに答える宝塚星組新トップ、紅ゆずる=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(南雲都撮影) インタビューに答える宝塚星組新トップ、紅ゆずる=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(南雲都撮影)

 宝塚歌劇団星組の新トップ、紅(くれない)ゆずるが、宝塚初のマサラ・ミュージカルに挑む。来年1月6日~18日、東京国際フォーラムでのトップコンビお披露目公演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」は、大ヒットしたインド映画が原作。芝居巧者で、明るい大阪人の紅は「私にピッタリの作品と言われ、自分のイメージを再確認した(笑)。個性豊かに演じたい」。達者な“しゃべり”で豊富を語った。(橋本奈実)

“笑いの師匠”はダウンタウン

 今年の漢字一文字「金」色のド派手なブラウス姿で現れた紅は「インド風? いや、金運アップって感じです」と笑う。

 舞台は1970年代と現代のインド映画界(ボリウッド)。脇役俳優のオーム(紅)は、恋する人気女優シャンティ(綺咲愛里)を助けようとして事故で命を落とす。30年後。事故の日に生を受けたオーム(紅)はスター俳優となり、ボリウッドに君臨していた…。

 シリアスなテーマも内包するハートフルなコメディー。紅の真骨頂かと思いきや、トップになり、思わぬ事態に? 「ツッコまれる役なんですよ。私は普段から常に“ツッコむ芸風”なので」と苦笑い。

 場をかき回すタイプの主人公は少ない。演出家からも「主(演)になったのですから、下級生に“芸風”を譲りましょう」と言われているそう。が、「まだ、もどかしい」と笑わせる。

 コメディー作に定評があるだけに、アドリブが好きだと思われがちだが、絶対に舞台上の“決まり事”を崩さない。「話の筋はもちろん、尺(上演時間)もきちんと考えている。笑いは決められた枠の中で、どれだけ自由奔放にやっているように見せるか、なので」

続きを読む

このニュースの写真

  • 星組の新トップ・紅ゆずる、ツッコむ芸風なのにツッコまれる役柄 「そろそろ下級生に芸風譲れ」と言われ…
  • 星組の新トップ・紅ゆずる、ツッコむ芸風なのにツッコまれる役柄 「そろそろ下級生に芸風譲れ」と言われ…
  • 星組の新トップ・紅ゆずる、ツッコむ芸風なのにツッコまれる役柄 「そろそろ下級生に芸風譲れ」と言われ…
  • 星組の新トップ・紅ゆずる、ツッコむ芸風なのにツッコまれる役柄 「そろそろ下級生に芸風譲れ」と言われ…

「産経WEST」のランキング