産経WEST

【竹島を考える】中韓つけ上がらせた無策日本外交のツケ 「憲法栄えて国滅ぶ」かの隣国に法律論は通じない 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
中韓つけ上がらせた無策日本外交のツケ 「憲法栄えて国滅ぶ」かの隣国に法律論は通じない 下條正男・拓殖大教授

国会前で連日展開された安保法案反対のデモ。反対派は「戦争法案」と決め付け憲法違反とするが、事はそれほど単純ではない=昨年9月 国会前で連日展開された安保法案反対のデモ。反対派は「戦争法案」と決め付け憲法違反とするが、事はそれほど単純ではない=昨年9月

 穂積の「民法出テヽ忠孝亡フ」をもじり、「憲法栄えて国滅ぶ」という言葉があるそうだ。現在の日本は、穂積や品川の時代に劣ること数等(すうとう)である。

▼韓国に洗脳された鳩山氏…“19世紀を引きずる”中韓朝露とどう付き合うか

▼“反原発首相”菅直人氏が絶叫「亡国政権だ」 地元あきれさせた再稼働「狂騒劇」

「産経WEST」のランキング