産経WEST

【大阪国際女子マラソン】「前半型」から「後半型」重視へ 東京五輪見据え、陸連が方針転換

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
「前半型」から「後半型」重視へ 東京五輪見据え、陸連が方針転換

会見をする瀬古利彦氏=20日午後、大阪市北区の関西テレビ(宮沢宗士郎撮影) 会見をする瀬古利彦氏=20日午後、大阪市北区の関西テレビ(宮沢宗士郎撮影)

 日本陸連は20日、東京五輪を見据えた女子マラソンの新たな強化方針を発表した。世界大会で勝負できる選手の育成を目指し、前半のハーフより後半のハーフが速い「ネガティブスプリット」の方針を打ち出したのが最大の特徴だ。

 長距離・マラソンを統括する瀬古利彦・強化戦略プロジェクトリーダーは「国内で後半のペースが上がることはほとんど皆無だった。後半に上げる癖をつけてほしい」と話す。今回の大阪国際と来年3月の名古屋ウィメンズでは、ペースメーカーは中間点までとし、ハーフの通過は1時間12分~12分30秒に設定する。従来は派遣設定記録の2時間22分30秒を目指し、前半から積極的にレースを展開する選手を評価していたため、リオ五輪での惨敗を踏まえた大きな方針転換といえる。

 前回の大阪国際を制した福士加代子(ワコール)はハーフを1時間10分28秒で通過したが、実際に過去の五輪や世界選手権で先頭のハーフ通過が1時間12分を切ったのは、2005年の世界選手権(ヘルシンキ)しかない。暑熱下の世界大会では、後半にペースアップするスタイルは定石でもある。

続きを読む

「産経WEST」のランキング