産経WEST

【鳥インフル】宮崎の12万羽殺処分完了へ 感染拡大の兆候なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鳥インフル】
宮崎の12万羽殺処分完了へ 感染拡大の兆候なし

高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された宮崎県川南町の養鶏場で、鶏の殺処分をする関係者ら=20日午後(共同通信社ヘリから) 高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された宮崎県川南町の養鶏場で、鶏の殺処分をする関係者ら=20日午後(共同通信社ヘリから)

 高病原性鳥インフルエンザが検出された宮崎県川南町の養鶏場が飼育する約12万2千羽の殺処分は20日午後も続いた。県は、同日中に殺処分の作業を終える見通しと明らかにした。

 県は家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場から半径3キロ圏内を鶏や卵の移動を禁じる区域としており、30近くの養鶏場の立ち入り調査を順次進めている。午後4時時点で感染が疑われる事例は見つかっていない。

 養鶏場では19日午後、約100羽が死んでいるのが見つかり、深夜に遺伝子検査で感染を確認。県は翌午前3時ごろから殺処分を始め、自衛隊員を含む最大約380人態勢で、処分した鶏の袋詰めや、袋を埋める作業に関わった。

 19日に同県日向市の食肉処理場に出荷していた約1900羽は殺処分対象に含まれており、全て処理した。殺処分が全て終わった後もこの養鶏場の消毒作業を続ける。

 農林水産省は20日、北海道清水町の養鶏場の鶏から検出された高病原性鳥インフルエンザウイルスが、青森県や新潟県のウイルスと同型の「H5N6型」と遺伝子検査で判明したと発表した。

「産経WEST」のランキング