産経WEST

高病原性鳥インフル検出、養鶏場の12万羽殺処分開始 宮崎県

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高病原性鳥インフル検出、養鶏場の12万羽殺処分開始 宮崎県

 高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に向かう県職員ら=20日午前8時ごろ、宮崎県川南町  高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に向かう県職員ら=20日午前8時ごろ、宮崎県川南町

 宮崎県川南町の養鶏場1軒で約100羽の鶏が死んでいるのが見つかり、農林水産省は20日までに、死んだ鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。県は同日、この養鶏場で飼育している約12万2千羽の殺処分を始めた。

 県によると、養鶏農家から宮崎家畜保健衛生所へ19日午後に「約100羽が死んだ」との通報があった。保健衛生所が死んだ5羽と生きている2羽を簡易検査したところ、いずれも陽性反応が出たため、遺伝子検査を進めた。

 国内では今冬、新潟、青森、北海道の3道県で、家禽から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されている。

「産経WEST」のランキング