産経WEST

【橋本奈実の芸能なで読み】「死」からの生還、55歳・相島一之「気分は30代、好きなことを」-ミュージカル「フランケンシュタイン」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【橋本奈実の芸能なで読み】
「死」からの生還、55歳・相島一之「気分は30代、好きなことを」-ミュージカル「フランケンシュタイン」

ミュージカル「フランケンシュタイン」に出演する、相島一之=大阪市北区(安元雄太撮影) ミュージカル「フランケンシュタイン」に出演する、相島一之=大阪市北区(安元雄太撮影)

怒濤の人生-結婚、悪性腫瘍の大病、音楽活動・落語を始め、子供も授かり…

 50歳を過ぎ、自分の“人生の果て”が見えてきたとき、「そこからどう生きるかが大切」と、先輩方から言われてきました。それが頭の片隅にあるためか、豊かに年を重ねている取材相手に“生きるヒント”をうかがうことがあります。

 先月に55歳の誕生日を迎えた個性派俳優、相島一之さんにお会いしました。相島さんは「僕は参考にならないかもしれないな。40代の終わりから怒濤(どとう)の人生で。いま、新たな人生が始まっている気がするから」と笑顔で話し出されました。

 大学在学中に演劇を始めた相島さんは、三谷幸喜さんを中心に旗揚げした劇団「東京サンシャインボーイズ」(充電期間中)の一員として活躍。その後はテレビや舞台、映画と幅広く活動しています。

 45歳のときに10歳年下の夫人と結婚。が、その翌年に重い病気を患った。「悪性腫瘍です。死ぬかもしれないって、本当に思いましたから。“死にかけた”のは僕の人生ですごく大きかったですね」と振り返る。

 腫瘍を摘出し、無事に復帰したとき、「好きなことをやろう」と決めた。大好きだった音楽活動をスタートさせ、ブルースのライブを行う。「話すことが好きだったので結局、落語も始めちゃって。そこから子供を授かったんです。しかも2人も。気分は30代って感じですよ」と笑顔で語る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「死」からの生還、55歳・相島一之「気分は30代、好きなことを」-ミュージカル「フランケンシュタイン」
  • 「死」からの生還、55歳・相島一之「気分は30代、好きなことを」-ミュージカル「フランケンシュタイン」
  • 「死」からの生還、55歳・相島一之「気分は30代、好きなことを」-ミュージカル「フランケンシュタイン」
  • 「死」からの生還、55歳・相島一之「気分は30代、好きなことを」-ミュージカル「フランケンシュタイン」
  • 「死」からの生還、55歳・相島一之「気分は30代、好きなことを」-ミュージカル「フランケンシュタイン」

「産経WEST」のランキング