産経WEST

【関西の議論】「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが

「岡山には○○が、少ない。」と書かれた岡山県のPRポスター。左下には「雨が少ない」「地震が少ない」などとある(同県提供) 「岡山には○○が、少ない。」と書かれた岡山県のPRポスター。左下には「雨が少ない」「地震が少ない」などとある(同県提供)

 大都市から地方への移住志向が高まる中、移住先として人気が高いのが岡山県だ。県は「地震や台風などの災害が少ない」とPRしており、実際に移住者の多くもそれを理由に挙げる。しかし、同様に地震の少なさをPRしていた熊本県は4月の熊本地震以後、「自然を侮っていた」とPRを見直す事態となった。そうした例もあり、専門家は「(岡山県は)確かに地震が少ないが、けっして油断してはいけない」と警鐘を鳴らす。

移住促進へ。ポスターや冊子で「地震少ない」とPR

 「岡山には○○が、少ない」-。

 岡山県の移住促進用ポスターなどはこう大きく書かれており、目を引く。その下には、「雨が少ない。地震が少ない。台風も少ない。」「岡山には『心配』が少ない。だから、『安心』がいっぱい。」などと書かれている。

 こうしたPRが効いたのか、ふるさと回帰支援センター(東京)が発表している「移住希望地域ランキング」で、岡山県は平成23年の東日本大震災後、4年連続(24~27年)で全国5位以内の人気を誇ってきた。24年は前年の15位から2位へと大躍進。25~26年は3位、27年は5位だった。

 県が実施・発表した28年度上半期の県外からの移住者へのアンケートでは、移住した主な理由について、「災害が少ない」が25・6%で最も高かった。

 ポスター以外でも県は地震の少なさをアピール。県作成の冊子「大好き!晴れの国おかやま~岡山って どんなところ?~」では、1923~2015年に震度4以上地震を観測した回数が16回で、都道府県別で全国3番目に少ない(最少は佐賀県の8回。最多は東京都の555回)ことを紹介。移住ポータルサイト「おかやま晴れの国ぐらし」でも、「岡山県は『晴れの国』と呼ばれ、気候は温暖で災害も少ないところ」と記している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが
  • 「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが
  • 「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが
  • 「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが
  • 「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが
  • 「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが
  • 「岡山は◯◯が少ない」地震・雨・台風…岡山県のPRは大丈夫か 熊本県は「自然を侮った」と見直したが

関連トピックス

「産経WEST」のランキング