産経WEST

【衝撃事件の核心】女子大生ら被害数百人、わいせつ電話魔は72歳の配送業…宅配伝票で個人情報入手、「10年間毎日かけた」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
女子大生ら被害数百人、わいせつ電話魔は72歳の配送業…宅配伝票で個人情報入手、「10年間毎日かけた」

 捜査関係者によると、男はまず、送り状に書かれた女性の名前や電話番号を小さな紙にメモしていたという。そして荷物を持って玄関へと向かい、インターホンを押す。

 「ありがとうございます」

 ドアを開けて出てきたのが若い女性ならばしめたもの。すかさず女性の顔や推定年齢をチェックし、何食わぬ顔で荷物を渡して去っていく。逮捕後の調べで男は、「このときに、かわいいかどうかを見ていた」と供述したという。

 男の犯行は用意周到なハンターのようだ。ターゲットを見つけても、すぐには行動しない。狙った女性については、事前に書いたメモを改めてノートに「清書」。来るべき日に備えて、大事に取っておいた。その理由について、男はこう供述しているという。

 「すぐに電話をかけると、声で『あのときの配達のおっちゃんや』とばれてしまう。1週間ぐらい間をあけて、誰だかわからないようにしていた」

「きゃあ!」悲鳴に歓喜

 ふいに鳴った携帯電話。知らない番号が表示されているのを不審に思いながらも、何人もの女性が通話ボタンを押した。

 「黒人のハーフの男性がいて、裸で走り回っている。そいつの下半身がものすごく…」

 突然耳元から流れてきたのは淫らな言葉。

 「きゃあ!」

 「何を言ってるんですか!」

 女性たちは驚いて悲鳴を上げ、慌てて電話を切ったという。それが、男を喜ばせた。「エッチな言葉で、女の子の反応を楽しんでいた」。気に入った女性には繰り返し電話をかけることもあったという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング