産経WEST

【泉大津市長選】新人の南出氏が現職破り初当選 府内最年少市長誕生

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【泉大津市長選】
新人の南出氏が現職破り初当選 府内最年少市長誕生

バンザイして初当選を喜ぶ南出賢一氏(中央)=泉大津市 バンザイして初当選を喜ぶ南出賢一氏(中央)=泉大津市

 任期満了に伴う大阪府泉大津市長選が18日、投開票され、新人で元市議の南出賢一氏(36)=無所属=が、再選を目指した現職の伊藤晴彦氏(63)=同=を破り、初当選を果たした。南出氏は市長に就任する1月13日には37歳となるが、現職としては府内で最年少の市長となる。当日有権者数は6万1047人、投票率は39・30%(前回36・69%)だった。

 南出氏の選挙事務所(同市東雲町)では、「当選確実」の一報が入ると、歓声がわきおこった。姿を現した南出氏は支持者とバンザイし、「選挙戦を通じていろんな人たちに希望を届けられたと思う。元気な泉大津をつくるために、新たな一歩を踏み出したい」などと抱負を語った。

 南出氏は市政の改革を強調。市立病院の経営改善や民間活力導入、府内では東大阪市と泉大津市だけが未実施になっている中学校給食実現などを掲げ、幅広い層に浸透した。

 一方、伊藤氏は、公設公営による市立病院運営の継続や高齢者福祉充実を訴えたが、及ばなかった。

「産経WEST」のランキング