産経WEST

【全国大学選手権ラグビー】天理、自慢のFWで慶大に競り勝つ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【全国大学選手権ラグビー】
天理、自慢のFWで慶大に競り勝つ

全国大学ラグビー選手権準々決勝 慶応義塾大学対天理大学 後半14分天理FW中野真仁が左角にトライを決め24-19と勝ち越す=花園ラグビー場(撮影・河田一成) 全国大学ラグビー選手権準々決勝 慶応義塾大学対天理大学 後半14分天理FW中野真仁が左角にトライを決め24-19と勝ち越す=花園ラグビー場(撮影・河田一成)

 関西王者の天理大は慶大のひたむきなプレーに手を焼きつつも、競り勝って5大会ぶりの4強入り。関西勢の同大が先に準決勝進出を決めただけに、フッカー藤浪は「個人的にはちょっとプレッシャーがあった。点差はどうあれ、勝てたのは大きい」と安堵(あんど)した。

 後半の立ち上がりに連続トライを奪われ、19-19と試合は振り出しに。相手に傾いた流れを再び引き寄せたのは、自慢のFWだった。スクラムとモールで圧力をかけてゴール前まで攻め込み、14分にサイド攻撃を仕掛けたナンバー8中野が勝ち越しトライ。開始早々に右手親指の付け根を脱臼しながら、痛みに耐えてプレーした中野は「僕がいくしかないと思った。取り切れてよかった」とうなずいた。

 日本代表で共同主将を務める立川(クボタ)を擁し、2011年度に準優勝。決勝で惜敗したのが、次戦で相まみえる帝京大だった。プロップ山口主将は「今日の内容では厳しい戦いになる。折れない気持ちをつくっていきたい」と気合を入れ直した。(細井伸彦)

「産経WEST」のランキング