産経WEST

ココイチ廃棄委託のカツ横流し、ダイコー会長に有罪判決 名古屋地裁「消費者の信頼ないがしろに」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ココイチ廃棄委託のカツ横流し、ダイコー会長に有罪判決 名古屋地裁「消費者の信頼ないがしろに」

 カレーチェーン店を展開する壱番屋が廃棄委託した冷凍カツが横流しされた事件で、詐欺と食品衛生法違反罪などに問われた愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業、ダイコーの会長、大西一幸被告(76)に対し、名古屋地裁(鵜飼祐充裁判官)は16日、懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円(求刑懲役3年6月、罰金100万円)の判決を言い渡した。

 鵜飼裁判官は判決理由で「食品への消費者の信頼をないがしろにしており、犯行は相当に悪質」と指摘。一方で「会社が廃業状態となるなど社会的制裁を受けた」と執行猶予の理由を説明した。法人としての同社は求刑通り罰金50万円とした。

 判決は犯行動機を「廃棄処理の手間を省き、不正利益を上げようとした」とした上で「廃棄物だと露見しないよう袋を詰め替え、安全面で問題のあった大量のカツを出回らせた」と強調した。他にも同様の不正を繰り返した可能性にも触れた。

 判決によると、昨年8~11月、廃棄委託された冷凍カツ約6万枚を処分したと虚偽報告し、委託料約28万円を詐取した。また愛知県知事から食肉販売業の許可を得ずにカツ約5万枚を約150万円で販売した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング