産経WEST

「公演中止で損害」…耳が聞こえない?作曲家・佐村河内氏に賠償命令 大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「公演中止で損害」…耳が聞こえない?作曲家・佐村河内氏に賠償命令 大阪地裁

佐村河内守氏 佐村河内守氏

 耳が聞こえない作曲家として活動していた佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏の楽曲がゴーストライターによる代作と判明し、予定していた全国ツアーを中止せざるを得なくなったとして、企画した「サモンプロモーション」(大阪市)が、佐村河内氏に約6100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であり、高松宏之裁判長は「事実を告げずに企画に積極的に関与した」として不法行為を認定し、同氏に約5670万円の支払いを命じた。

■「聴力」について裁判長の認定は…

 一方、佐村河内氏が著作権使用料の相当額を求めた反訴についても一部認容し、サモンプロモーションに約410万円を賠償するよう命じた。

 判決によると、同社は佐村河内氏の「交響曲第1番 HIROSHIMA」のヒットを受け、平成25~26年に全国ツアーを実施。しかし26年2月、佐村河内氏から作曲家の新垣隆(にいがき・たかし)氏による代作だった旨のメールが送られ、予定していた同月以降の14公演を中止した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「公演中止で損害」…耳が聞こえない?作曲家・佐村河内氏に賠償命令 大阪地裁

「産経WEST」のランキング