産経WEST

【関西の議論】日本最古?の神話「ホツマツタヱ」とは…古事記、日本書紀より古い?学界は疑問視も愛好家の研究盛ん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
日本最古?の神話「ホツマツタヱ」とは…古事記、日本書紀より古い?学界は疑問視も愛好家の研究盛ん

愛好家らが作成した「ホツマ文字」の一覧表 愛好家らが作成した「ホツマ文字」の一覧表

 多くの謎に包まれた古代史の世界で、50年前に国内で発見された「ホツマツタヱ(秀真伝)」という歴史書が一部の愛好家たちを惹きつけている。漢字が伝わる以前の日本にあった「ホツマ文字」という文字でつづられ、古事記や日本書紀よりも古い書物…と愛好家は信じる。もちろんさまざまな矛盾点から学界では疑問視する声が強いが、研究熱は止まず、11月には発見50年を記念した全国フォーラムが同書の全巻が見つかった滋賀県高島市で開かれた。関係者は「ホツマ文字」で書かれた文献はまだどこかに眠っている、と大真面目だ。歴史ファンを熱くする「ホツマツタヱ」っていったい何?

古代の国造り描く!?

 「再発見50高島ホツマツタヱ縄文ロマンの集い」と題したフォーラムをのぞくと、全国から集った約400人の愛好家たちで熱気に満ちていた。ホツマツタヱの研究会は、東京、滋賀、岩手、徳島など全国10数カ所にあり、数百人が所属しているという。

 隔月発行の同人誌「検証ほつまつたゑ よみがえる縄文叙事詩」の編集長、原田武虎さん(54)によると、「ホツマツタヱ」は「天・地・人」の3部で構成する約12万文字、全40巻の書物。古事記、日本書紀の「記紀」と同様、古代の日本の国造りを描いているとされる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本最古?の神話「ホツマツタヱ」とは…古事記、日本書紀より古い?学界は疑問視も愛好家の研究盛ん
  • 日本最古?の神話「ホツマツタヱ」とは…古事記、日本書紀より古い?学界は疑問視も愛好家の研究盛ん
  • 日本最古?の神話「ホツマツタヱ」とは…古事記、日本書紀より古い?学界は疑問視も愛好家の研究盛ん

「産経WEST」のランキング