産経WEST

豊中の妊婦刺殺、被告に懲役21年「残虐非道」と大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


豊中の妊婦刺殺、被告に懲役21年「残虐非道」と大阪地裁

 大阪府豊中市のマンションで昨年5月、同じ階に住む妊娠中の滝畠裕美さん=当時(33)=を刺殺したとして、殺人などの罪に問われた無職、上原亮宏(あきひろ)被告(55)の裁判員裁判の判決公判が14日、大阪地裁で開かれた。小倉哲浩裁判長は「あまりに残虐非道な犯行だ」として懲役21年(求刑懲役22年)を言い渡した。

 上原被告は「殺意はなかった」と殺人罪の起訴内容を否認。弁護側は「精神疾患の影響により、致命傷を与えた際はパニック状態だった」として刑事責任能力を争っていた。

 判決理由で小倉裁判長は被害者の傷の形状を検討し「被告が強い力で、意図的に何度も突き刺したことにより生じた」と認定。さらに上原被告自身が犯行後に110番し、応答した警察官に刺した部位を答えていたことなどから「犯行時は興奮状態だったが、自分の行為を認識していた」として殺意や完全責任能力を認定した。

 そのうえで「被害者は同じ階に住んでいたにすぎないのに、被告の一方的な思い込みで突然命を奪われた」と批判。「生まれてくる子供も失い、遺族が極刑を望むのも理解できる」と述べた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング