PR

産経WEST 産経WEST

なぜ手元に2千万円? 大阪・西成の簡易宿泊所で自殺男性の所持金の“謎”…身元も3カ月不明のまま

 大阪市西成区の簡易宿泊所で今年9月、自殺したとみられる40歳ぐらいの男性の遺体が見つかり、所持金約2千万円が残されていたことが13日、大阪府警などへの取材で分かった。身元は特定はできていないが、男性は数年前から同じ簡宿で寝泊まりを続けていたといい、なぜ大金を持っていたのかは不明という。

 府警西成署や西成区によると、男性の遺体は9月18日、簡宿の個室で発見された。腐敗が進んでいたが、検視で自殺の可能性が高いと判断された。財布や小銭入れ以外に目立った所持品はなく身元は不明だが、室内から現金2095万円が見つかった。

 西成区内に多数ある簡宿は宿泊料が低額なため、日雇い労働者らが利用するケースが多い。同署幹部は「簡宿で死亡する身元不明者は多いが、これほどの大金を所持したケースは珍しい」と話す。同区は「行旅死亡人」として11月30日付の官報に公示。今後身元が判明すれば、大金は親族らに引き渡される可能性があるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ