産経WEST

【山口組分裂】山口組は「和親合一」、神戸山口組は「風霜尽瘁」…直系組長集め新年の方針示す 抗争状態で越年へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【山口組分裂】
山口組は「和親合一」、神戸山口組は「風霜尽瘁」…直系組長集め新年の方針示す 抗争状態で越年へ

防弾かばんでガードされながら神戸山口組の本部事務所に入る組関係者ら=13日午前、兵庫県淡路市志筑 防弾かばんでガードされながら神戸山口組の本部事務所に入る組関係者ら=13日午前、兵庫県淡路市志筑

 指定暴力団山口組と同神戸山口組が13日、兵庫県内のそれぞれの本拠地に全国の直系組長を集め、年末恒例の会合を開いた。関係者によると、山口組は「和親合一」、神戸山口組は「風霜尽瘁(じんすい)」との新年の指針が示されたとみられる。両団体は昨年8月以降、全国で衝突を繰り返しており、対立抗争状態のまま越年する公算が大きい。

 山口組側は神戸市灘区の総本部で「事始め式」を開催。午前6時ごろから直系組長を乗せた車が次々と集まり、兵庫県警や大阪府警、警視庁、愛知県警などが情報収集にあたった。

 関係者によると、篠田建市(通称・司忍)組長が指針を発表。「和親合一」は3代目組長の時代に定められた組の綱領に含まれる言葉で、神戸山口組との抗争状態にある中、改めて組織の団結を求める狙いがあるとみられる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 山口組は「和親合一」、神戸山口組は「風霜尽瘁」…直系組長集め新年の方針示す 抗争状態で越年へ

「産経WEST」のランキング