産経WEST

【近ごろ巷に流行るもの】イヌ、ネコに次ぐ癒やし系「第3のペット」ウサギ…鳴き声の心配なく「うさんぽ」「へやんぽ」でコミュニケーション

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【近ごろ巷に流行るもの】
イヌ、ネコに次ぐ癒やし系「第3のペット」ウサギ…鳴き声の心配なく「うさんぽ」「へやんぽ」でコミュニケーション

近年、ペットとしてのウサギの人気が急上昇しているという=大阪市東淀川区(南雲都撮影) 近年、ペットとしてのウサギの人気が急上昇しているという=大阪市東淀川区(南雲都撮影)

 店の扉を開けた途端、ふわっと牧草のにおいが香る。壁際に清潔に保たれたケージが並び、中でウサギたちがくつろいでいた。ネコよりも小さくて、丸みのある体。茶や黒、グレー、ツートンと色もさまざま。垂れ耳もいる。絵本から飛び出てきたような愛らしい姿に一目で恋に落ちた-。

 癒やし系の容姿に加え、「安い」「鳴き声がない」「名前を覚える」などを理由に近年、ウサギはペットとして人気が急上昇だという。専門店も続々と登場しており、関西でも十数年でおよそ倍の約15店に増え、イヌ・ネコに次ぐ「第3のペット」の声も聞かれる。

 大阪市東淀川区のうさぎ専門店「うさぎ星」では、ピーターラビット似の「ネザーランドドワーフ」など重さ1キロ前後の小型種などを中心に人気の4品種を取り扱う。血統書付きで3万~6万円程度と、イヌやネコに比べかなりお手ごろだ。

 生後1.9カ月のオスのウサギと暮らす淀川区の主婦、今井由美子さん(54)は「なかなかのツンデレですが、じわじわとなついてくれるのがうれしい。声を出せない分、態度や表情が豊かなんです」と魅力を話す。

 この店はペットホテルも手がけており、夕方にはホテルの引き取りや足のつめ切り、餌の買い足しなどの客でにぎわう。2階にあるウサギの遊び場「ロンパールーム」は広々としており、飼い主たちの交流の場にもなっている。

「弱そうに見えて結構たくましい。イヌやネコとも一緒に飼える」

このニュースの写真

  • イヌ、ネコに次ぐ癒やし系「第3のペット」ウサギ…鳴き声の心配なく「うさんぽ」「へやんぽ」でコミュニケーション
  • イヌ、ネコに次ぐ癒やし系「第3のペット」ウサギ…鳴き声の心配なく「うさんぽ」「へやんぽ」でコミュニケーション

「産経WEST」のランキング