産経WEST

【関西の議論】〝自信過剰すぎる〟? 80代の6割「自分は運転大丈夫」…老いるほど強気になるワケ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
〝自信過剰すぎる〟? 80代の6割「自分は運転大丈夫」…老いるほど強気になるワケ

安全運転に自信があると答えた割合。年を重ねるごとに自信を持つ高齢者が増える 安全運転に自信があると答えた割合。年を重ねるごとに自信を持つ高齢者が増える

 自らの老いを認めたくないのか、それとも、本当に腕に自信があるのか-。高齢ドライバーによる事故が相次ぎ、社会問題となる中で、「自分は大丈夫だ」と自信を持つ高齢者が、年を重ねるごとに増えるとする衝撃のデータがあるのをご存じだろうか。60代、70代で5割、80代では6割を超える。一方で家族は運転能力の衰えを懸念し、意識の「ギャップ」は鮮明になっている。公共交通機関が手薄な地域では、生活の足として車が欠かせない現実も存在する。高齢ドライバーの対策は待ったなしだ。(細田裕也)

衰えを認めたくない?

 岩手県立大の元田良孝名誉教授(交通工学)らは平成20年、盛岡市に住む65歳以上の高齢ドライバーとその家族約1千人を対象に、安全意識などについてアンケートした。

 《安全運転に自信はありますか》

 この問いかけに対し、全体の55・4%が「ある」と回答。だが、年代別で区切ると、不可解な〝逆転現象〟が浮き彫りになった。

 それによると、「自信あり」と答えたのは、60代では53%だったが、70代で55・7%と微増し、最高齢の80代以上では63・2%に増加した。

 加齢による認知機能をはじめとした身体能力の低下は、科学的にも明らかになっている。にもかかわらず、老いれば老いるほど、自らの運転に自信を持つという傾向があるという結果が出たのだ。

 一方で同居家族の不安は尽きない。調査では、80代以上のドライバーがいる家族の20%が「(運転が)とても不安」と回答。年代が上がるほど、家族の不安は大きくなっていた。

なんと4カ月待ち 自動車教習所の高齢者講習は予約でいっぱい

「産経WEST」のランキング