産経WEST

温泉ツアーバス乗務中にスマホ操作…渋滞情報調べる、50代運転士

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


温泉ツアーバス乗務中にスマホ操作…渋滞情報調べる、50代運転士

 阪急観光バス(大阪市北区)の50代の男性運転手が、観光バスを高速道路で運転中にスマートフォンを操作していたとして、国土交通省近畿運輸局大阪運輸支局は8日、同社を厳重注意処分とした。乗客40人にけがはなかった。

 近畿運輸局や阪急観光バスによると、男性運転手は今月4~6日、大阪を出発し湯村温泉(岡山県)や城崎温泉(兵庫県)などをめぐる2泊3日のツアーで、高速道路などを運転中、複数回にわたり運転席わきに固定したスマホで渋滞情報を調べていたという。

 運転中のスマホ操作をめぐっては、11~12月に、京阪バス(京都市南区)の運転士2人が、路線バス運転中にスマホ向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を操作していたことが相次いで問題となったばかり。

 男性運転手は依願退職を申し出た。阪急観光バスは、「運転中のスマホ操作をしないよう周知をはかる中で問題を起こし、誠に遺憾」としている。

「産経WEST」のランキング