産経WEST

【衝撃事件の核心】「キモすぎる」狡猾〝女性足なめ男〟 車の修理装い…運転席に座らせ足元に寝転びペロリ 捜査員激怒「なめてんのか!」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「キモすぎる」狡猾〝女性足なめ男〟 車の修理装い…運転席に座らせ足元に寝転びペロリ 捜査員激怒「なめてんのか!」

京都府警の捜査員が「足なめ男」と呼んでいた男が強制わいせつ容疑で逮捕された。車の故障をみてもらうことを口実に、声をかけた女性を運転席に座らせ、自らは足元に寝転んで足をなめる特異な犯行だった 京都府警の捜査員が「足なめ男」と呼んでいた男が強制わいせつ容疑で逮捕された。車の故障をみてもらうことを口実に、声をかけた女性を運転席に座らせ、自らは足元に寝転んで足をなめる特異な犯行だった

 「足なめ男」。京都府警の捜査員がこう呼んでいた京都市伏見区のアルバイトの男(56)が逮捕された。あだ名の由来は何かの比喩(ひゆ)ではなく、この男、本当に無理やり女性の足をなめていたとして逮捕されたから驚きだ。車の故障をみてもらうことを口実に、道行く女性に声をかけ、車の運転席に座らせて女性の足をなめる-。おぞましい行為は30分以上にわたったといい、府警は11月7日、無理やりわいせつな行為を行ったとする強制わいせつ容疑で男を逮捕した。被害者の女性が犯行の様子をスマートフォンで激写した「動かぬ証拠」があるにもかかわらず、男は「身に覚えがない」と完全否認した。府警は追及の手を緩めず、同月30日、別の女性にも「足なめ」を行ったとして男を再逮捕した。捜査員を激怒させたという足なめ男の犯行の一部始終とは-。

「ブレーキ踏んで」と指示、サンダル脱がせ…

 「車のブレーキの修理を手伝ってほしい」

 7月23日午前0時ごろ、伏見区内の国道24号沿いを自転車で帰宅途中だったアルバイト店員の女性(24)は突然、男に声をかけられた。身の毛もよだつ事件の始まりだった。

 府警の調べや女性の証言から経緯をたどる。

 男は身長約170センチの中肉。ハの字眉が特徴的だが、一見どこにでもいる普通の中年男性だという。丁寧な言葉遣いのため、女性に警戒心を抱かせなかったのかもしれない。

 当時、男が心底困っているように見えたという女性は、男の誘導で車を止めているという駐車場に着くと、運転席に座るようにいわれ、「ブレーキを踏んで」と促された。

凍り付くような恐怖の35分間 男は女性の足をなめ、ときには歯を立て…最後に発した言葉は

「産経WEST」のランキング