産経WEST

日清食品、20年ぶり新工場 滋賀に計画、575億円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


日清食品、20年ぶり新工場 滋賀に計画、575億円

 日清食品は7日、カップ麺や袋麺を製造する新工場を滋賀県栗東市に建設すると発表した。平成8年に操業を開始した静岡工場(静岡県焼津市)以来、20年ぶりの計画となる。29年5月に着工し、投資総額は575億円。

 新工場は関西工場(仮称)。30年8月に一部操業を始め、31年12月の完全操業時の生産能力は1日当たり315万食となる予定。最新鋭設備の導入などで生産ラインの人員を従来の半分に減らすことができ、コスト削減効果も大きいという。

 栗東市には西日本の主要生産拠点の滋賀工場があるが、操業開始が昭和48年と古く、生産効率が課題になっていた。新工場は、滋賀工場から北に約350メートルの自社所有地に建てる。

「産経WEST」のランキング