産経WEST

滋賀・野洲高サッカー部総監督、飲酒し生徒を叩く 無名の公立高を日本一に導いた指導者が厳重文書訓告に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀・野洲高サッカー部総監督、飲酒し生徒を叩く 無名の公立高を日本一に導いた指導者が厳重文書訓告に

  滋賀県立野洲高校(同県野洲市)サッカー部総監督の男性教諭(53)が監督を務めていた昨年12月、全国大会出場のため遠征していた宿泊先で、飲酒した状態で部員に暴力をふるい、県教委から厳重文書訓告の処分を受けていたことが3日、県教委への取材でわかった。処分は3月24日付。

 県教委によると、同校は昨年12月28日、第94回全国高校サッカー選手権大会に県代表として出場するため、東京都内のホテルに宿泊。教諭は知人と会食した際に飲酒し、ホテルに戻った際、部員2人の頭を平手でたたくなどしたという。教諭は「悪ふざけのつもりだった」と話しているという。

 今年2月、部員の保護者が県教委に届け出て発覚。教諭は監督を外れた。その後同校などが謝罪や説明を行い、6月からサッカー部の総監督として復帰したという。

 教諭は同校サッカー部を約20年指導。平成17年度の第84回大会で優勝に導くなど、全国有数の強豪校に育てた。教え子にはスペインリーグ、エイバル所属の乾貴士選手らがいる。同校は今月末に開幕の第95回大会でも、県代表での出場が決まっている。

「産経WEST」のランキング