産経WEST

和歌山・九度山町産の最高級富有柿「夢」を初出荷

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


和歌山・九度山町産の最高級富有柿「夢」を初出荷

出荷が始まった富有柿の最高級ブランド「夢」=九度山町 出荷が始まった富有柿の最高級ブランド「夢」=九度山町

 和歌山県伊都郡九度山町特産の富有柿の最高級ブランド「夢」の出荷が2日、同町九度山のJA紀北かわかみマルい選果場で始まった。作業は20日ごろまで続く。

 町内の柿農家らが木に実った富有柿を8月中旬から1個ずつ袋がけし、一般の富有柿よりも2~3週間長く熟成させたうえで収穫。糖度が18度以上あり、色や形などがとくに優れている富有柿が「夢」に選ばれる。今年は秋の天候に恵まれたため、糖度も良く、「夢」として出荷できる富有柿も多いという。

 初選果でもあったこの日は、センサーで糖度や色をチェックした後、細かい部分は担当者らが目視で確認して選別し、箱詰め。3日の競りに向け、大阪市中央卸売市場へ運んでいった。1ケースは2・6キロ(6~9個)で、今年度は計100ケースの販売を目指している。

「産経WEST」のランキング