産経WEST

犬も正月気分 兵庫・尼崎の料理店が犬用おせち商品化

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


犬も正月気分 兵庫・尼崎の料理店が犬用おせち商品化

販売が始まる犬用おせち=2日午後、尼崎市神田南通(沢野貴信撮影) 販売が始まる犬用おせち=2日午後、尼崎市神田南通(沢野貴信撮影)

 愛犬にも正月気分を楽しんでもらおうと、兵庫県尼崎市神田南通の鉄板焼き店「シネマ」の辻本文哉さん(30)が、犬用のおせち料理を商品化した。塩や砂糖を使わず、犬の体を気遣った“健康食品”で、自身が運営するウェブサイトを通じて、九州や関東など各地から予約が入る人気ぶりだ。

 辻本さんは昨年7月、愛犬が心臓弁膜症で余命1週間の診断を受けた経験から、体に優しい犬向けの食事療法を考案。愛犬は10カ月後に旅立ったが、多くの人に取り入れてもらおうと今年7月、ペット用食品を販売するウェブサイト「ペットの食卓.com」を立ち上げた。

 おせちは鶏肉のテリーヌやすじ肉の煮しめ、鹿肉の卵巻きなど7品。塩や砂糖などの代わりに、リンゴ酢を入れるなど犬の体に優しい料理に仕上げた。辻本さんは「ペットも家族の一員。一緒に正月を楽しんで」と話す。税込み2500円。予約は18日まで。問い合わせは同店((電)06・6417・6858)。

「産経WEST」のランキング