産経WEST

牛肉偽装のハンナン浅田元会長を収監 大阪高検「病状改善」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


牛肉偽装のハンナン浅田元会長を収監 大阪高検「病状改善」

 1、2審判決は「組織ぐるみで公的事業を食い物にした」などとして懲役7年を言い渡した。グループの元幹部2人についても、浅田元会長の指示で経理資料を捨てたとする証拠隠滅罪で有罪とされたが、その後、破棄したとされる資料が浅田元会長宅で見つかり、元幹部2人は大阪地裁の再審で無罪や一部無罪が確定した。

 これを受け、最高裁は24年、浅田元会長の証拠隠滅教唆罪についても「重大な事実誤認の疑いが顕著だ」と指摘し、1、2審判決を破棄して審理を大阪高裁に差し戻した。

 差し戻し控訴審で大阪高裁は25年、証拠隠滅教唆罪は無罪とし、詐欺と補助金適正化法違反の罪で懲役6年8月の実刑を言い渡した。弁護側は上告したが、最高裁は昨年4月、上告を棄却する決定をしていた。

「産経WEST」のランキング