産経WEST

【映画コメンテーター、有村昆のキネマの献立】ほのぼの描けば描くほど切ない…「この世界の片隅に」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【映画コメンテーター、有村昆のキネマの献立】
ほのぼの描けば描くほど切ない…「この世界の片隅に」

cこうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 cこうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 いよいよ年末。僕が今年後半に見た映画の中でナンバーワンの作品を、今回ご紹介させていただきます。

 公開中のアニメーション映画「この世界の片隅に」=写真。戦時中の広島県呉市を舞台に、18歳で嫁いだ少女が激化する戦禍の中、懸命に生きていく姿を描いています。「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督。「夕凪の街 桜の国」の、こうの史代さん原作です。

 昭和19年の広島。絵が得意でちょっとのんびりした18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚、呉へとやってきます。少しずつ戦争の影響が激しくなる中で創意工夫をし、日々食事を作っていますが、呉は軍港の街。アメリカ軍からの容赦ない空爆があり、街が破壊されていきます。負けじと生きていくすずでしたが、20年8月6日を迎えることとなります。

 今作最大の見どころは、戦争を背景にして、庶民の暮らしにフォーカスを当てたこと。今までに多くの戦争映画を拝見しましたが、ここまで市井の人々の生活を描いた作品はなかったと思います。

 のんちゃんが声を担当する主人公のすずは、食べ物がなければ、絵を描いて空腹をごまかす。野草を採って料理をアレンジする。戦争映画でありながら、ほのぼのと描き切る手法に驚嘆しました。

 後半、呉が空襲に遭いますが、「絵の具で、すずちゃんだったら、こう描く」という発想にも驚きました。目の前にある現実が地獄のようで、空想をしなければ、正気を保てないというのも切なかったです。

続きを読む

「産経WEST」のランキング