産経WEST

ロシア海軍のヘリが尖閣諸島付近を飛行、空自の戦闘機がスクランブル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ロシア海軍のヘリが尖閣諸島付近を飛行、空自の戦闘機がスクランブル

尖閣諸島の領空付近を飛行したロシア海軍のKa27対潜哨戒ヘリ=22日午後(防衛省提供) 尖閣諸島の領空付近を飛行したロシア海軍のKa27対潜哨戒ヘリ=22日午後(防衛省提供)

 防衛省統合幕僚監部は22日、ロシア海軍のKa27対潜哨戒ヘリコプター1機が同日午後、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領空付近を飛行したため、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。領空侵犯はなかった。飛行時間は数時間で、ヘリは尖閣諸島の久場島と大正島の領空約10キロまで近づいた。

 6月にロシア海軍の駆逐艦が久場島周辺を航行し、今回も周辺でロシア海軍のミサイル駆逐艦などが確認されている。防衛省がヘリの飛行目的を分析している。

「産経WEST」のランキング