産経WEST

【世界ミニナビ】ドゥテルテ氏の隣国に中国系“暴言王”?…インドネシアの州知事と抗議デモの過激な対立

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
ドゥテルテ氏の隣国に中国系“暴言王”?…インドネシアの州知事と抗議デモの過激な対立

11月7日、インドネシア警察で事情聴取を受けたジャカルタ特別州のバスキ・プルナマ知事。少数派の華人でキリスト教徒の同氏が、イスラム教を侮辱する発言をしたとして、抗議デモが起きる事態となった(AP) 11月7日、インドネシア警察で事情聴取を受けたジャカルタ特別州のバスキ・プルナマ知事。少数派の華人でキリスト教徒の同氏が、イスラム教を侮辱する発言をしたとして、抗議デモが起きる事態となった(AP)

 これに反発し、抗議デモを主催したのが強硬派団体「イスラム擁護戦線」(FPI)。12年には、米人気歌手のレディー・ガガさんについて「悪魔の教義をもたらす」などと主張して実力行使をちらつかせ、インドネシア公演を中止に追い込んだ“実績”がある。

 米CNNテレビによると、4日のデモにあたって警察当局は、平和的な方法で抗議するよう事前に要請。市民にはソーシャルメディアの「挑発的な情報」に惑わされないよう呼び掛けていたという。

 だが、参加者の一部が暴徒化し、鎮圧に当たった治安部隊と合わせて約250人が負傷。一部の店舗では略奪も起きた。

 翌5日未明、ジョコ氏は「政治関係者がデモを悪用している」との声明を発表した。

 一方で、国家警察は7日にバスキ氏を聴取した上で、発言が「宗教冒涜(ぼうとく)罪」に該当するとの見方を強めた。立件を目指す方針とされ、身柄は拘束していないものの、海外渡航を禁じたという。

高い手腕、民主主義を体現

 地元メディアは、同国のイスラム教徒の大半は穏健派で、FPIに同調する人は少ないとしている。華人でキリスト教徒という理由で、バスキ氏の知事就任に抗議したのもFPIだったためだ。

 むしろ、バスキ氏は副知事時代から、汚職撲滅や交通・環境問題などで手腕が評価されてきた。「政党政治家というより高級官僚」「反腐敗に取り組み、直言する政治家として認められている」。英BBC放送の人物評だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ドゥテルテ氏の隣国に中国系“暴言王”?…インドネシアの州知事と抗議デモの過激な対立
  • ドゥテルテ氏の隣国に中国系“暴言王”?…インドネシアの州知事と抗議デモの過激な対立

「産経WEST」のランキング