産経WEST

鳥インフル、鹿児島のツルに陽性反応 遺伝子検査で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鳥インフル、鹿児島のツルに陽性反応 遺伝子検査で

 鹿児島県は19日、同県出水市のツルのねぐらから18日に回収された死んだナベヅル2羽を遺伝子検査した結果、うち1羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。鹿児島大学で高病原性の鳥インフルエンザかどうか調べる確定検査を実施している。同市では18日にも高病原性のウイルス(H5N6型)の検出が確認された。

 2羽は、簡易検査では陰性だった。遺伝子検査でも陰性だった1羽は、18日にウイルスが検出された水の採取地付近で回収された。陽性反応が出たツルは、これらとは別のねぐらで見つかった。

 県は19日、水の採取地点から半径3キロ圏内にある15カ所の養鶏農場に立ち入り検査を実施したが、いずれの農場でも鳥インフルエンザに感染しているような異常はなかったという。

 周辺は国内最大のツルの越冬地として知られる。環境省は18日、ウイルスが検出されたツルのねぐらから周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。

「産経WEST」のランキング