産経WEST

2着入線馬から禁止の筋肉増強剤検出 岐阜・笠松競馬、馬券は有効

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


2着入線馬から禁止の筋肉増強剤検出 岐阜・笠松競馬、馬券は有効

 岐阜県地方競馬組合は18日、笠松競馬場(同県笠松町)で7日に行われた第1レースに出走し2着だった藤田正治厩舎(きゅうしゃ)のイザタマエ(牝3歳)から、禁止薬物の筋肉増強剤「ボルデノン」が検出されたと発表した。勝馬投票券は有効で、払い戻しへの影響はない。

 組合によると、1、2着を対象としたレース後の尿検査で発覚した。レースは失格とし、30日間の出走停止処分とする方針。同じ厩舎の28頭も検査し、結果が出るまで出走させない。

 組合は17日、競馬法違反の疑いで岐阜羽島署に届けた。馬主への賞金や手当約8万円などは返還させる。

「産経WEST」のランキング