産経WEST

週1回「ノー部活デー」大阪府立高、来年1月から試験実施 教員の負担を軽減

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


週1回「ノー部活デー」大阪府立高、来年1月から試験実施 教員の負担を軽減

 大阪府教育庁は18日、すべての府立高校と支援学校計182校で来年4月から、全校一斉の退庁日と、クラブ活動を休む「ノークラブデー」を週1回導入すると発表した。教員の長時間労働を軽減するのが狙い。

 平成26年度の調査では、就業時間以外に職場にいた時間が年800時間を超えた教員は808人で全体の5・9%。27年度のデータでは、教員が就業時間以外に学校にいた時間は月平均29・2時間だった。理由として、クラブ活動の指導を挙げる声が最も多いという。

 計画では、各校がそれぞれ週1回の全校一斉退庁日を設定。午後7時までに全ての教職員、生徒が退勤・下校する。クラブ活動を休みにする日も週1回設ける。一斉退庁日とノークラブデーは同じ曜日でもよいとする。

 近く各校長に文書で通知。来年1月から試験的に実施し、4月から本格導入する。同日、記者会見した向井正博教育長は「働き方やクラブ活動について、あらためて議論してほしい」と述べた。

「産経WEST」のランキング