産経WEST

江崎グリコのインドネシア・アイス工場稼働…現地企業と合弁で独自の16品目販売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


江崎グリコのインドネシア・アイス工場稼働…現地企業と合弁で独自の16品目販売

江崎グリコがインドネシアで製造・販売するアイスクリーム(同社提供) 江崎グリコがインドネシアで製造・販売するアイスクリーム(同社提供)

 江崎グリコは16日、インドネシアに新設したアイスクリーム工場が稼働を始めたと発表した。現地日用品大手ウイングスグループと合弁会社グリコウイングスを設立し、日本とは異なる独自の16商品を製造・販売する。東南アジアでのアイス販売はタイに続いて2カ国目。2022年に年間約80億円の売上高を目指す。

 グリコはインドネシアで主力チョコレート菓子「ポッキー」を販売しており、高い人気を集めている。新工場は許認可手続きなどの遅れで稼働開始が計画より約2年ずれこんだが、ポッキーで培ったブランド力を武器にアイスの展開を加速させる考えだ。

 今年1月にアイスの販売を始めたタイでは、「パナップ」など日本でも人気の4商品を現地企業への生産委託で販売している。インドネシアでアイスの販売を伸ばすことで、海外売上高を早期に現在の2・2倍の1千億円まで引き上げることを目指す。

「産経WEST」のランキング