産経WEST

【世界を読む】「何を食ったんだ!」「人間だ」まるでゾンビの襲撃…米国で顔を食いちぎる無差別猟奇殺人

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
「何を食ったんだ!」「人間だ」まるでゾンビの襲撃…米国で顔を食いちぎる無差別猟奇殺人

無差別で夫婦を襲って殺害し、死亡した夫の顔を食いちぎった19歳の学生がレストランから出る際の防犯カメラ映像。時間表示から、事件を起こす直前とみられる(AP) 無差別で夫婦を襲って殺害し、死亡した夫の顔を食いちぎった19歳の学生がレストランから出る際の防犯カメラ映像。時間表示から、事件を起こす直前とみられる(AP)

 現在、日本でも放映されている米ドラマ「ウォーキング・デッド」が人気だ。「ゾンビ」が世界に終末をもたらした後の人間の試練を描く作品で、すでにシーズン7にまで達している。米国では、こうしたゾンビもののドラマは多く、時代を超えて根強いファンを獲得している。そんな米国で、まるでゾンビが襲来したかのような事件が起きた。19歳の男子大学生が50代の夫婦を殺害し、さらに息絶えた夫の顔の肉を食いちぎったのだ。事件は無差別殺人だったことに加え、信じがたい猟奇的な行動が全米を震撼(しんかん)させた。この学生はなぜ“ゾンビ化”したのか。危険ドラッグによる影響を指摘する声もある。

死亡男性の顔に食らいつく若い男

 ロイター通信などによると、事件は8月15日、米フロリダ州テケスタで起きた。マイアミの北に位置するこの街の民家の私道で、若い男が50代の夫婦を刃物で襲い、殺害した。男はさらに、すでに死亡している夫の顔に食らいつき、歯で顔の肉を食いちぎったという。

 妻の悲鳴を聞きつけ、夫婦を助けようと止めに入って負傷した隣人が警察に通報したが、警察官が現場に到着した際には、私道で男が夫の上に馬乗りになっており、まさに顔に噛みついていたという。民家のガレージでは妻が刺され死亡しているのが見つかった。

 逮捕された男は、地元のフロリダ州立大に通う19歳の学生の男。男は殺害した夫婦とは面識はなかったとみられており、警察は無差別殺人事件とみているが、男が危険ドラッグなどを使用していた可能性も指摘された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「何を食ったんだ!」「人間だ」まるでゾンビの襲撃…米国で顔を食いちぎる無差別猟奇殺人

関連トピックス

「産経WEST」のランキング