産経WEST

11月11日は「独身の日」? 中国にならって日本企業もネット商戦展開、グリコは「ポッキーデー」を海外へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


11月11日は「独身の日」? 中国にならって日本企業もネット商戦展開、グリコは「ポッキーデー」を海外へ

江崎グリコが開いた「ポッキー&プリッツの日」のPRイベント =10日、東京・秋葉原(同社提供) 江崎グリコが開いた「ポッキー&プリッツの日」のPRイベント =10日、東京・秋葉原(同社提供)

 数字の「1(シングル)」が並ぶ11月11日が中国で「独身の日」とされ、インターネットショッピング市場が盛り上がることにならって、日本企業にもこの日に商戦を仕掛ける動きが広まってきた。ヤフー、ファミリーマートなどは昨年から「いい(11)買い物の日」としてキャンペーンを開始。17年前からこの日をスティック型菓子「ポッキー」の記念日とする江崎グリコも今年、海外向けキャンペーンに乗り出した。

 中国「独身の日」商戦の仕掛け役は、電子商取引最大手のアリババ。昨年11月11日の通販サイト24時間セールでは、約1・7兆円超を売り上げたという。

吉野家、メルセデス・ベンツも

 そんな盛り上がりをヒントに昨年、日本のヤフーが呼びかけ、ファミリーマートやレンタル大手「TSUTAYA」など5社でいい買い物の日を制定。ヤフーの通販サイトは24時間セールで全商品にポイント11倍の特典をつけ、売り上げが前年の約8倍に伸びた。

 今年は三越伊勢丹ホールディングス、吉野家、メルセデス・ベンツ日本など39社でキャンペーンを展開する。

 一方、国内で11月11日を「ポッキー&プリッツの日」として記念日商戦を展開してきた江崎グリコも、ネットの波及効果に注目。海外にも「ポッキーデー」を広げようと、日本、中国、台湾など5つの国・地域で、SNS上の笑顔の写真を数えて遊ぶアプリを公開した。

 同社は独身の日を意識したわけではないとしつつ、「商品を手に取ってもらうきっかけにしたい」(広報)と期待する。

「産経WEST」のランキング