産経WEST

滋賀県立琵琶湖博物館の学芸員が図鑑を盗用 県、減給の懲戒処分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀県立琵琶湖博物館の学芸員が図鑑を盗用 県、減給の懲戒処分

 滋賀県立琵琶湖博物館のホームページ上に掲載していた図鑑などで盗用が400カ所以上あったことが分かり、県は9日、執筆者の総括学芸員の男性(53)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。

 盗用があったのは、ホームページ上で昆虫の生態などについて紹介するWEB図鑑「里山のゴミムシ」「オサムシ」「トンボ」と県が発行している平成17年版と22年版の「レッドデータブック」で、計405カ所。

 同館によると、男性は12年度~22年度、「原色日本甲虫図鑑(II)」(保育社)などから昆虫の大きさや色などの形態について引用したにもかかわらず、出典を明示せずに無断で記事を作成したという。

 引用元の著作者からの指摘で発覚し、県は今年2月にWEB図鑑を閉鎖。男性は「昆虫の形態は誰が見ても大差なく、写しても問題がないと思っていた。著作権に対する認識が欠如していた」と話しているという。

「産経WEST」のランキング