産経WEST

待機児童急増の西宮市、公園に民間保育所開設へ 兵庫県内で初

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


待機児童急増の西宮市、公園に民間保育所開設へ 兵庫県内で初

建物を取り壊し、跡地に認可保育所が設置される予定の交通公園=西宮市久保 建物を取り壊し、跡地に認可保育所が設置される予定の交通公園=西宮市久保

 兵庫県西宮市は、昨年7月に改正された国家戦略特区法の制度を活用して、同市久保町の久保公園(通称・交通公園)内に民間の認可保育所を開設することを決めた。県内では初めての取り組みで、平成30年4月の開設を目指す。

 都市公園法により、公園内に認可保育所は設置できないが、特区制度を活用すれば開設が可能。関西では大阪府豊中市で認可保育所が設置されることになっている。

 西宮市の同公園は昭和44年に整備され、広さは約7千平方メートル。信号機や道路標識、歩道橋などがあり、子供たちが遊びながら正しい交通ルールを学べることから、「交通公園」と呼ばれている。

 市は、公園周辺の小学校区は交通の利便性などから子育て世代に人気があり、今後も保育施設の高い需要が見込まれることから、公園内での認可保育所設置を計画。それによると、すでに閉鎖された「交通館」を解体し、跡地約600平方メートルを保育所の用地にする。原則10年間、民間に認可保育所の運営を委ね、地域の需要がなくなれば公園に戻すとしている。今後、県を通して内閣府に特区の活用を申請する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング